子供のアレルギー性鼻炎が増加傾向

子供のアレルギー性鼻炎が増加傾向

子供のアレルギー性鼻炎が増加傾向

子供,アレルギー性鼻炎,増加傾向

アレルギー性鼻炎とは、ハウスダストや花粉などが原因となって鼻の粘膜を刺激して起きる病気です。

 

ハウスダストとは、ダニの死骸やフン、カビやペットの毛などが含まれたチリやホコリです。

 

最近では、低年齢でもこのアレルギー性鼻炎がみられるようになってきています。

 

命にかかわるような病気ではないのですが、放っておくと日常生活に影響はきたします。

 

例えば、鼻が痒くて授業に集中できない、鼻づまりが苦しくて眠れない、などという状態になります。

 

子供だと、鼻の痒みや鼻づまりを気にして、鼻をほじる、いじるなどで鼻の出血になることもよくあります。

 

それに乳幼児だと、鼻が詰まるとミルクが飲めなくなって食事に支障が出るようになります。

 

子供,アレルギー性鼻炎,増加傾向

子供の場合は、自分の苦しさを症状としてうまく伝えることができません。

 

それによって悪化してしまうことも多々ありますので、気になる症状があったら、耳鼻科の医師に早めに相談しましょう。

 

アレルギー性鼻炎の原因となる物質を抗原と呼び、それが鼻から体の中に侵入すると抗体という物質が作られます。

 

この抗体が抗原を攻撃するんですが、この体の仕組みを免疫と言います。

 

でも、抗体が体内で増えすぎると過剰反応になり、くしゃみや鼻水などで抗原を排除しようとする機能が働きすぎて、アレルギー性鼻炎になるのです。


子供のアレルギー性鼻炎の発見は親がポイント

アレルギー性鼻炎を発症する患者が低年齢化している傾向があります。

 

アレルギー性鼻炎を発症する仕組みは子供でも大人でも一緒です。

 

アレルゲンによってできる抗体に体が過剰反応して、くしゃみや鼻水、鼻づまりを起こします。

 

このときのアレルゲンとは、花粉やダニ、ホコリ、カビ、ペットの毛、ダニの死骸などのハウスダストによるものが多いとされています。

 

子供が発症した場合に、症状を親や周りの大人に上手に伝えることができません。

 

代わりに、鼻を触る、ほじる、擦る、いじるなどの仕草になって現れます。

 

それと鼻血も要注意の仕草です。

 

子供が症状で苦しんでいるのを親が見つけないと、医療機関にかかることもできません。

 

なので、早めに気づかないと、症状が悪化してしまうこともありますから注意してください。

 

子供,アレルギー性鼻炎,増加傾向

乳幼児がアレルギー性鼻炎を発症している場合には、ミルクが飲めなくなって食事がとれなくなるケースもあります。

 

子供のアレルギー性鼻炎では、鼻づまりの症状が現れることが多く、くしゃみが少ないようなので親が気づきにくい傾向にあります。

 

朝晩に症状がひどく出るモーニングアタックという状態になることがあります。

 

アレルギー性鼻炎は副交感神経が優位になると症状が激しくなり、朝晩にはこの状態になります。

 

また、子供のアレルギー性鼻炎の対策を行うには、そもそもその原因となっているアレルゲンを特定する必要があります。

 

その時には、家族のアレルギーを調べることもあります。

 

検査をするときには、血液、粘膜、鼻水、皮膚などの検査や、副鼻腔炎の有無を確認するレントゲンによる検査などがあります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ